ニュース一覧  — ( 原料:DPA )

ページ | << | 1 | >> |  / 全14件 1ページ

2021/11/10 11:59
原料: DPA
ドイツのKD Pharma社ではDPA(ドコサペントエン酸)を規格したフィッシュオイルの提供が可能です。DPAは DHAやEPAと同じオメガ3の一つで人の体内における存在量はごくわずかですが、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上、オメガ3として相乗効果が期待出来ます。
投稿者: リバソン(株)
2021/11/05 13:10
原料: DPA
ドイツのKD Pharma社ではDPA(ドコサペントエン酸)を高濃度にて規格したフィッシュオイルの提供が可能です。DPAは DHAやEPAと同じオメガ3の一つで人の体内における存在量はごくわずかですが、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上といわれています。
投稿者: リバソン(株)
2021/11/04 09:10
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)は DHAやEPAと同じ積極的にとる必要のある「必須脂肪酸」になります。人の体内における存在量はごくわずかですが、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上といわれています。弊社ではDPA含有フィッシュオイルの提供が可能です。
投稿者: リバソン(株)
2021/10/18 16:08
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)は DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸であり体内で合成されない為積極的にとる必要のある「必須脂肪酸」になります。人の体内における存在量はごくわずかですが、動脈硬化抑制に欠かせない成分で、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上といわれています。
投稿者: リバソン(株)
2021/10/15 09:28
原料: DPA
DPAの健康作用 は、血管壁のキズを修復する ・しなやかで柔らかい血管を保つ・動脈硬化の抑制、などがあります。 それぞれの作用は同様の働きをするEPAの10倍以上と言われています。DHA,EPAのオメガ3に”DPA”を規格化しこれまで以上に高いオメガ3効果を期待出来ます。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/30 16:06
原料: DPA
DPAの健康作用 は、血管壁のキズを修復する ・しなやかで柔らかい血管を保つ・動脈硬化の抑制、などがあります。 それぞれの作用は同様の働きをするEPAの10倍以上と言われています。DHA,EPAのオメガ3に”DPA”が加わることでこれまで以上に高いオメガ3効果が期待出来ます。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/30 16:04
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)とは DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸であり「必須脂肪酸」です。 人の体内における存在量はごくわずかですが、動脈硬化抑制に欠かせない成分で、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上といわれています。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/28 16:59
原料: DPA
DPAの健康作用 は、血管壁のキズを修復する ・しなやかで柔らかい血管を保つ・動脈硬化の抑制、などがあります。 それぞれの働きは同様の作用をもつEPAの10倍以上と言われています。DHA,EPAにDPAが加わることでこれまで以上に高いオメガ3効果が期待出来ます。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/28 16:53
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)とは DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸であり「必須脂肪酸」です。 人の体内における存在量はごくわずかですが、動脈硬化抑制に欠かせない成分で、血管内皮細胞の機能はEPAの10倍以上といわれています。 更にはDHA,EPAの働きを強化する作用があります。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/21 15:17
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)とは DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸であり「必須脂肪酸」です。 人の体内における存在量はごくわずかですが、動脈硬化抑制に欠かせない成分で、血管内皮細胞の機能はEPAの10倍以上といわれています。 更にはDHA,EPAの働きを強化する作用があります。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/17 16:53
原料: DPA
DPAの健康作用 ・血管壁のキズを修復する作用 ・しなやかで柔らかい血管を保つ作用 ・動脈硬化の抑制作用 ・EPAの作用を活性化する作用 それぞれの作用がEPAの10倍以上と言われています。 これまでのDHA,EPAにDPAが加わることでオメガ3の高い相乗効果を発揮します。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/16 15:04
原料: DPA
DPA(ドコサペントエン酸)とは DHAやEPAと同じオメガ3脂肪酸であり「必須脂肪酸」です。 人の体内における存在量はごくわずかですが、動脈硬化抑制に欠かせない成分で、血管内皮細胞の活性化能力はEPAの10倍以上といわれています。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/15 14:15
原料: DPA
DPAの健康作用は、血管壁のキズを修復する ・しなやかで柔らかい血管を保つ ・動脈硬化を抑制するなど それぞれの作用がEPAの10倍以上と言われています。 またEPAを活性化させる作用もありこれまでのオメガ3にDPAが追加されることでこれまで以上の効果が期待できます。
投稿者: リバソン(株)
2021/09/14 16:27
原料: DPA
DPAの健康作用 ・血管壁のキズを修復する作用 ・しなやかで柔らかい血管を保つ作用 ・動脈硬化の抑制作用 ・EPAの作用を活性化する作用 それぞれの作用がEPAの10倍以上と言われています。 これまでのオメガ3にDPAが含有されることでこれまで以上の効果が期待できます。
投稿者: リバソン(株)
ページ | << | 1 | >> |  / 全14件 1ページ

このページのトップへ